日誌

関西支部例会情報
12345
2022/03/19

第293回例会(オンライン実践発表と研究協議)

Tweet ThisSend to Facebook | by KONTA Kenzo
293回例会(オンライン実践発表と研究協議)

令和4年3月19日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800
詳細は要項をご覧ください。3月例会案内.docx


17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2022/01/10

第292回例会 令和4年2月26日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

292回例会(オンライン実践発表と研究協議)
令和4226日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「読んだことを話すことにつなぐタスクの授業」

発表者:木村 祐太 (石川県白山市立北星中学校)

 単元末の思考・判断・表現の観点を扱った授業です。授業では教科書単元の内容に基づいてタスクが設定され、即興性の高いスピーチを生徒は行います。その上で、教科書とは別の英文を読み、その内容をスピーチに引用し、パワーアップしたスピーチを再度行います。「まずはやらせてみる(Try Out活動)」や「即興性」、「タスク」などの言葉が指すこと、そして語彙数が増大した教科書の扱いなどについて議論したいと思っています。提案授業ですので、ぜひご参加ください。

要項のダウンロードはこちらから
関西支部2月例会案内.pdf
06:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/12/05

第291回例会 令和4年1月29日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

291回例会(オンライン実践研究)
令和4129日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「小学校と中学校を結ぶ表現活動~一貫した英語教育の第一歩として~」

発表者:田中 桜 (兵庫県三木市立三木東中学校)

 今年度、教科化された外国語を学んだ生徒が初めて中学校へやってきました。中学1年を指導する中で、小学校と中学校の連携の重要性を実感しているところです。「15歳の姿を見据えて」一貫した英語教育を行うにはどうすればよいのか?という視点をもって、教科書の言語活動を行いました。中1での「友だち紹介」のスピーキング(発表)、「学校紹介」のライティング、中2での「先生紹介」のライティングを中心にご紹介させていただきます。

要項のダウンロードはこちらから
関西支部1月例会.pdf


23:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/11/21

第32回秋季研究大会 中嶋先生によるご講演の配付資料について

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI
中嶋洋一先生より配付資料のご提供をいただきました。
11月21
日~11月28日までご覧いただけます。

添付のWordファイルに閲覧先のURLを記しています。Wordファイルにはパスワー
ドが設定されています。秋季研究大会のチャットでお知らせしたパスワードをご
入力ください。なお,二次使用や配布はご遠慮ください。

秋季研究大会_中嶋先生資料.docx
21:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/11/19

第290回例会 令和3年12月18日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

290回例会(オンライン実践研究)
令和31218日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表: 「自己調整学習の理論を取り入れたライティング活動~リフレクションの質を高める意義~」

発表者:芹澤 和彦(大阪高等学校)

 ライティングの添削をすればするほど、先生がいないと成長できない英語学習者を育てるのではないのか?"という疑問をもって以来、これまで"先生を頼らずしてライティング力を伸ばす活動"を模索してきました。そんな中開発したのが、自己調整学習の理論を取り入れたライティング活動です。ライティング活動のあとに「リフレクション」の時間を取り、リフレクションの「質」を高めるための活動(フィードバック)を行うものです。生徒たちからのポジティブフィードバックが非常に多い活動です。今回の発表を通して、さらに改善させていただければ幸いです。

要項のダウンロードはこちらから
関西支部12月例会.pdf


23:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/09/21

第32回秋季研究大会2021年11月21日(日)13:30〜17:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

関西支部 第32回秋季研究大会(オンライン開催)
◇とき       2021年11月21日(日)13:301700

◇実施方法 : オンラインにて開催

                要項はこちらから英語授業研究学会 関西支部第32回秋季研究大会のご案内.pdf
       大会フライヤーはこちらから
2021_関西支部秋季大会フライヤー.pdf

◇参加      : 原則本学会の会員のみ


◇内容:
 

1. 授業実践紹介と研究協議(①13301425 ②14301525

 

① 中学校 「生徒がノビノビ学ぶ授業-教科書の題材を生かしたやり取り(中3)

発表者 :横山 聖 (大阪教育大学附属天王寺中学校)

コーディネーター:加賀田 哲也 (大阪教育大学)

 

② 高等学校 「リテリングをゴールとせず、新たな局面で活用できる英語力を目指した授業(高1)」

発表者 : 宮崎 貴弘 (神戸市立葺合高等学校)

コーディネーター : 泉 惠美子 (関西学院大学)

 

2.講演(15351650
「『 引き算思考 』 で無駄を省き、ゴール(定期テストや アンケート項目)から逆算する授業のあり方を考える 」

 講演者:中嶋 洋一(関西外国語大学)
 
司 会:吹原 顕子(大阪商業大学)


01:46 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/09/21

第289回例会 令和3年10月16日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

289回例会(オンライン実践研究)
令和31016日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「英語らしさについて-言語学習から異文化理解まで-」

発表者:伊藤 清(名古屋中学校・高等学校)

226回例会にて,What makes English the way it is? というタイトルで,高校生の英作文における「誤用」に着目して認知言語学の視点から「英文のあるべきスタイル」の分析をさせていただきました。今回の発表でも,認知言語学の考え方を採用しますが,主に生徒へ「気づき」を与えることができるアプローチ例を,みなさんと共有したいと考えております。中学・高校の現場で指導される先生方にとって,授業で使えるアプローチのヒントになれば幸いです。


要項のダウンロードはこちらから
関西支部10月例会.pdf



01:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/08/06

第288回例会 令和3年9月18日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

288回例会(オンライン実践研究)
令和3年9月18日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「『発表』から『やりとり』につなげる指導―発話の量と質を高めるために―」

発表者:
浅野 雄大(神戸市立須磨翔風高等学校)

1年で「発表」、2年で「発表+やりとり」、3年で「やりとり」と3年間を通じて段階的に話す指導を行っています。発表については「4コマリテリング」、やりとりについては「マッピングディスカッション」という活動を軸に指導を行っています。それぞれの活動でルーブリックを生徒と共有し、発達段階に応じて適切な「負荷」をかけるように心がけています。それらの活動と並行して、帯学習で「1分間トーク・ディスカッション」に取り組み、話すための基礎体力を養っています。

要項のダウンロードはこちらから
オンライン例会案内9月.pdf


03:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/06/16

第287回例会 令和3年7月17日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

287回例会(オンライン実践研究)
令和3717日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「教科横断的な学びで学校と実社会をつなぐ〜“届けよう、服のチカラ”プロジェクトを通して〜」

発表者:  小林 友希(河内長野市立西中学校)

UNIQLOGUなどを展開するファーストリテイリング社の企画とコラボした授業実践です。単元の学びを通して社会課題について生徒が自分事として捉えることをねらいとしました。ゴール設定にした「難民キャンプに古着を届けるプロジェクト」には、校区の小学校、地域も参画し、学校での学びを社会へとつなげ、生徒一人一人が当事者として考える機会としました。

要項のダウンロードはこちらからオンライン例会案内7月.pdf


21:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/04/29

第31回春季研究大会2021年6月20日(日)13:00〜17:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

関西支部 第31回春季研究大会(オンライン開催)
◇とき       :2021620日(日)13001700

◇実施方法 : オンラインにて開催(参加方法は後日HPに掲載します)

                要項はこちらから 英語授業研究学会 関西支部第31回春季研究大会(修正版).pdf
        大会フライヤー    
2021_関西支部春季大会案内.pdf

◇参加      : 本学会の会員のみ


22:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
12345

関西支部からのお知らせ

関西支部 >> コンテンツ詳細
表示内容を印刷します
記入者:KONTA Kenzo