日誌

関西支部例会情報
12345
2021/09/21new

第32回秋季研究大会2021年11月21日(日)13:30〜17:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

関西支部 第32回秋季研究大会(オンライン開催)
◇とき       2021年11月21日(日)13:301700

◇実施方法 : オンラインにて開催

                要項はこちらから英語授業研究学会 関西支部第32回秋季研究大会のご案内.pdf
       大会フライヤーはこちらから
2021_関西支部秋季大会フライヤー.pdf

◇参加      : 原則本学会の会員のみ


◇内容:
 

1. 授業実践紹介と研究協議(①13301425 ②14301525

 

① 中学校 「生徒がノビノビ学ぶ授業-教科書の題材を生かしたやり取り(中3)

発表者 :横山 聖 (大阪教育大学附属天王寺中学校)

コーディネーター:加賀田 哲也 (大阪教育大学)

 

② 高等学校 「リテリングをゴールとせず、新たな局面で活用できる英語力を目指した授業(高1)」

発表者 : 宮崎 貴弘 (神戸市立葺合高等学校)

コーディネーター : 泉 惠美子 (関西学院大学)

 

2.講演(15351650
「『 引き算思考 』 で無駄を省き、ゴール(定期テストや アンケート項目)から逆算する授業のあり方を考える 」

 講演者:中嶋 洋一(関西外国語大学)
 
司 会:吹原 顕子(大阪商業大学)


01:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/09/21new

第289回例会 令和3年10月16日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

289回例会(オンライン実践研究)
令和31016日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「英語らしさについて-言語学習から異文化理解まで-」

発表者:伊藤 清(名古屋中学校・高等学校)

226回例会にて,What makes English the way it is? というタイトルで,高校生の英作文における「誤用」に着目して認知言語学の視点から「英文のあるべきスタイル」の分析をさせていただきました。今回の発表でも,認知言語学の考え方を採用しますが,主に生徒へ「気づき」を与えることができるアプローチ例を,みなさんと共有したいと考えております。中学・高校の現場で指導される先生方にとって,授業で使えるアプローチのヒントになれば幸いです。


要項のダウンロードはこちらから
関西支部10月例会.pdf



01:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/08/06

第288回例会 令和3年9月18日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

288回例会(オンライン実践研究)
令和3年9月18日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「『発表』から『やりとり』につなげる指導―発話の量と質を高めるために―」

発表者:
浅野 雄大(神戸市立須磨翔風高等学校)

1年で「発表」、2年で「発表+やりとり」、3年で「やりとり」と3年間を通じて段階的に話す指導を行っています。発表については「4コマリテリング」、やりとりについては「マッピングディスカッション」という活動を軸に指導を行っています。それぞれの活動でルーブリックを生徒と共有し、発達段階に応じて適切な「負荷」をかけるように心がけています。それらの活動と並行して、帯学習で「1分間トーク・ディスカッション」に取り組み、話すための基礎体力を養っています。

要項のダウンロードはこちらから
オンライン例会案内9月.pdf


03:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/06/16

第287回例会 令和3年7月17日(土)17:00〜18:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

287回例会(オンライン実践研究)
令和3717日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「教科横断的な学びで学校と実社会をつなぐ〜“届けよう、服のチカラ”プロジェクトを通して〜」

発表者:  小林 友希(河内長野市立西中学校)

UNIQLOGUなどを展開するファーストリテイリング社の企画とコラボした授業実践です。単元の学びを通して社会課題について生徒が自分事として捉えることをねらいとしました。ゴール設定にした「難民キャンプに古着を届けるプロジェクト」には、校区の小学校、地域も参画し、学校での学びを社会へとつなげ、生徒一人一人が当事者として考える機会としました。

要項のダウンロードはこちらからオンライン例会案内7月.pdf


21:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/04/29

第31回春季研究大会2021年6月20日(日)13:00〜17:00

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

関西支部 第31回春季研究大会(オンライン開催)
◇とき       :2021620日(日)13001700

◇実施方法 : オンラインにて開催(参加方法は後日HPに掲載します)

                要項はこちらから 英語授業研究学会 関西支部第31回春季研究大会(修正版).pdf
        大会フライヤー    
2021_関西支部春季大会案内.pdf

◇参加      : 本学会の会員のみ


22:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/04/29

第286回例会 令和3年5月22日(土)午後5時〜午後6時00分

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

286回例会(オンライン実践研究)
令和3522日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「SDGs を取り入れた横断的な指導に関する一考察~英語科に重点を置いて~」

発表者:  秋山 容洋(姫路市立四郷学院後期課程)

OECD のアンケート結果やGIGA School 構想が進む中、教師は社会と学校現場を結び付け、学ぶ目的をより明確にし、生徒・児童一人ひとりに自信を持たせていく必要がある。さらにICT 機器等を駆使した主体的・対話的で深い学びにより、子どもたちから「分かった」と喜びを味わえるような授業が必要である。そのためには、横断的な指導による包括的な内容により、多角的・多面的に物事を考え、自分の意見を持つことが不可欠である。今回の発表は、上記の実態を踏まえ、道徳の授業、総合的な学習の時間、英語の授業をSDGs というテーマをもとに、横断的に取り組んだ試みである。

要項のダウンロードはこちらからオンライン例会案内5月.pdf

 


21:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/03/28

第285回例会 令和3年4月24日(土)午後5時〜午後6時00分

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

285回例会(オンライン実践研究)
令和3424日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「タスク活動による文法導入からライティング活動まで-過去形の指導(中学1年)-」

発表者:  篠原 泰子(神戸大学附属中等教育学校) 

コロナ禍で通常より2ヶ月遅れのスタートとなり、生徒も教師も不安を抱えてのスタートとなりましたが、生徒の「知りたい」を引き出す文法指導を目指して取り組んできました。導入に活動を取り入れて生徒の関心を内容に向けさせ、そのタイミングで文法項目の形式に気づかせる工夫をしています。教科書New Crown 1(三省堂)の単元「日本の四季を楽しもう」の後は、ALTのストーリー・テリングからリテリング、生徒自身の "My Four Seasons"と、自然な流れで単語や表現を活用につなげる授業を行いました。

要項のダウンロードはこちらからオンライン例会案内4月.pdf


11:49 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/03/04

第284回例会 令和3年3月20日(土)午後5時〜午後6時00分

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

284回例会(オンライン実践研究)
令和3320日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800

研究実践発表:「動詞使用パターン知識の誤答分析―産出テストの解答から―」

発表者伊佐地 恒久(岐阜聖徳学園大学)

語彙指導の中で、動詞使用パターン知識(例:want+名詞句+to不定詞)は、語彙サイズの拡大ほど時間をかけて指導されていません。本発表では、学習者の動詞使用パターンの産出的知識の習得と誤りについて調べた結果をご報告します。

要項のダウンロードはこちらからオンライン例会案内3月.pdf


22:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2021/01/29

第283回例会 令和3年2月27日(土)午後5時〜午後6時00分

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

283回例会(オンライン実践研究)
令和3227日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800
URL:
https://us02web.zoom.us/j/85689725464?pwd=Z0hlNkZZdkxMMzNkaHB6SncxMnhmUT09

 

ミーティングID: 856 8972 5464 パスコード: 831393

研究実践発表:「場面設定からinteractiveなライティングへ-中学1年:"when"の復習から発展へとつながる授業-」

発表者:  木村 祐太(石川県白山市立北星中学校)

要項のダウンロードはこちらからオンライン例会案内2月.pdf


00:38 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | トラックバック(0)
2020/12/25

第282回例会 令和3年1月23日(土)午後5時〜午後6時00分

Tweet ThisSend to Facebook | by YAMAZAKI

282回例会(オンライン実践研究)
令和3123日(土) 午後500分~午後600

オンライン(Zoom)による研究実践発表と研究協議(17001800
URL:

https://us02web.zoom.us/j/82368286523?pwd=cUgrTzNUbEI1SlpqK3o4c0ZOWjN5UT09

研究実践発表:「大学での教養英語実践報告」
発表者: 田尻 悟郎(関西大学)

要項のダウンロードはこちらからオンライン例会案内1月.pdf


00:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
12345

関西支部からのお知らせ

関西支部
検索検索
123456





123456